ごまからの直接摂取はこれほど困難

日々の健康に注意を払っておられる方々、あるいは既にサプリメントの利用経験をお持ちの方々であれば、セサミンに関する基礎知識と興味を十分お持ちでしょう。
ごまの中に僅か1パーセント程度しか含まれない稀少な有効成分である事、若々しく健康な身体の維持に大変大きな効能が得られる事など、一定年齢に達した方々にとっては、断じて見逃せない存在です。

ですがサプリメントと接点が無い毎日を過ごして来られた皆さんにとっては、こうした情報が断片的に目や耳に飛び込んで来る環境故、時に「間違いでは無いが現実とはズレた部分的知識」としてインプットされてしまいます。
例えば「セサミンはゴマで身体に良いからゴマを沢山食べよう」といった解釈がその代表格です。
知識的にもその判断にも誤りは見当たりませんが、この食生活を実践すれば、果たしてどのような展開が待っているでしょうか?

私達がごまを食する時、あくまでメインの食材の上に「降り掛ける」食べ方が一般的であり、いわば調味料的なポジションで体内に摂取するのが一般的です。
大きなスプーンに山盛りのごまを頬張る人は、通常殆どおられないでしょう。
しかしセサミンの極めて低い含有率を考えれば、このような摂取をしなければ、計算上十分なセサミンを採り込む事が出来ません。
いくら健康のためとは言え、これでは食事そのものが楽しいどころか苦痛となり兼ねず、精神的ストレスを伴う食事では肝心の栄養素をスムーズに体内に送り込めません。

極めて含有率の低い有効成分を抽出から凝縮し、携帯可能で飲むだけで継続摂取が可能なサプリメントだからこそ、セサミンの自然な継続摂取を難無く実践出来るのです。
何より「ごまを食べ続けなければならない」という意識と無縁の精神状態での継続使用が可能なメリットも見逃せません。
諸々の発達と研究の成果の結晶と言えるサプリメントの登場有ればこそ、セサミンという極めて優れた有効成分のメリットの恩恵に預かる事が出来ているのです。
また、ゴマ一粒に含まれるセサミン量についても合わせてご覧ください。